薄毛の原因は人それぞれです

髪の毛が薄くなる、抜け毛が増えるという点ではみな同じかもしれませんが、薄毛になってしまう原因は人それぞれです。遺伝や男性ホルモンが原因で起るAGA、ストレスによる血流不良、食生活の乱れによる髪の毛の栄養不足などなど。薄毛の原因を知らなければ、効果的な対策というのができなくなってしまいます。場合によっては、いくつかの要因が複合的に組み合わされていることもあり、そうなると1つの原因を排除しても薄毛の進行を食い止めることは難しいでしょう。風邪をひいているのに腹痛の薬を飲んでも意味がないのと同じように、自分の症状にあった方法で薄毛の改善を目指さなければ、育毛を頑張っても意味がなくなってしまいます。

薄毛の原因を知る方法とは

薄毛の原因を知る方法で一番確実なのは、AGAクリニックでカウンセリングや診察を受けるということです。クリニックで血液検査や遺伝子検査を行えば、何が原因で薄毛になっているか知ることができます。無料で相談できるクリニックなどもありますし、薄毛の原因を知ることができたならば、どのような育毛剤を使えばいいのか、普段の生活で何を気をつければ良いのかわかってくるはずです。AGAが薄毛の原因ならば、クリニックに通って治療する、ストレスによる血流不良が原因ならば、ストレスを定期的に発散したり、運動したりということが大切になります。生活習慣が乱れていると、AGAの治療を受けていてもあまり改善されないということもあるので、クリニックに通うにしても、育毛剤を使うにしても、まずは生活習慣の見直しをするということが必要でしょう。

髪を増やす方法は育毛をすると第一印象が良くなりますが、頭皮の状態を確かめてから決める必要があります。