豊胸手術のメリットとは

豊胸手術は、バストを大きく豊かにする手術を指します。豊胸手術は医療行為のため、医師免許を所持する医師のみが手術することができます。豊胸手術には脂肪を注入するやり方やシリコンを挿入するやり方などがあります。その他にも切開しない豊胸手術として、ヒアルロン酸をバストに注入する方法もあります。豊胸手術のメリットは、バストを理想の大きさまでサイズアップすることができるという点です。胸が大きいと男性受けが良いだけではなく、服を着ていても女性らしい体のラインを作ることができます。胸を大きくすることでウエストやヒップとのメリハリが生まれ、美しい曲線のボディラインを描くことが期待できます。女性らしいプロポーションを手に入れることで自分に自信を持つこともできます。

豊胸手術のデメリットとは

豊胸手術のデメリットは、手術を受けることによってリスクの可能性があるという点です。特に切開を伴う豊胸手術の場合、術後に痛みや腫れなどが生じる可能性があります。痛みは長い時には2週間ほど続くケースもあり、手術のタイミングに注意しなくてはいけません。手術後には抜糸や経過の観察のため病院に通う必要もあります。そのため仕事などが忙しい時期には手術を受けるのは困難だと言えます。手術によっては、仕上がりの形や感触などが不自然になるものもあり、豊胸手術を受けたということがわかってしまうのがデメリットです。豊胸手術を受ける際には、どのような手術で、どんな胸になれるのかをしっかりと確認しましょう。

自然な質感に仕上がるとして脂肪を移植する豊胸手術が注目されています。患者の体から脂肪を切除して移植するので拒絶反応が無く、脂肪ならではの弾力性を活かせるのが大きな利点です。